費用の設定に関しては

離婚の可能性を予測して浮気調査を決意する方と、離婚の心づもりは皆無であったにもかかわらず調査の過程で夫の不貞に対して受け止めることが不可能になり離婚の方向へ行く方がおられます。